Make
SomethingUseful
And
beautiful

Who We Are

UsefulAndBeautiful

Vision

有用で、美しく

私たちは、「お客様の課題を正面から、王道に解決すること」
「クリエイターとして、プライドを持ったモノづくり」
この2点の両立を目指す、有用であり、美しいものを作るWebプロダクションです。
数字や理論、ロジックを骨組みに、
クリエイターとしての感性と知見を込めた 丁寧で真摯なクリエイティブを追求します。

デザインのプロとして考え、お客様をリードし、常に自分の答えを持ち、
「プロとして出した答え」をいかにコミュニケーション豊かに、
クリエイティブにクリアできるか考え、
チーム全員が思いやりと、ユーモアをもって実行することが私たちの制作ポリシーです。

「見やすい、使いやすい」を極めることは非常に難しく、決して侮っていいことではありません。
エビデンスを集めて「ロジック」を積み上げたデザインも同様です。
しかし、それがデザインのすべてではないと私たちは考えており、
それだけではユーザーから「選ばれる理由」とならないことを知っています。

私たちはユーザーからの「好き」を引き出すために、
有用であることを最低条件の上で、
美しさを追求し「感覚的に選ばれる」「感覚的に好まれる」価値を提供します。

私たちは日本で一番凄いデザインを作る会社ではないかもしれません。
しかし、日本で一番「社会から求められる」デザインプロダクションでありたいと考えています。

...もっと見る

Mission

最新事例を
最良事例と宣言する

クリエイターの価値はSNSでのフォロワー数や知名度などとイコールではなく、
今まで何を生み出してきたかです。
限られた予算、スケジュール、厳しいレギュレーションなど、
様々な難しい障壁はどの案件でもあります。
与えられた条件下でこれ以上はないかと自問自答し続け、
結果として最新の仕事を、最高傑作と自負します。
それが個々のクリエイターとしての価値や、企業としての価値を高め、
実績から仕事を呼び込む良いサイクルが生まれると考えるからです。

Value

  • 自分の
    幸せのために働く。

    「お客さまを喜ばすことで自分が幸せになる、結局は自分のため」。組織やお客様のためだけではなく「自分のため」を目的に、良い仕事や、お客さまとの良い関係性を築き、結果や成果を残します。

  • 主体的に
    素早く実行する。

    正しいか正しくないかは誰にも分かりません。それよりも良いと思ったら誰よりも早く実行することに価値があると考えます。自ら責任を引き受けて行動を起こすのか、それとも周りから動かされるのか、どちらの道を選ぶかによって、成長や成功の機会も大きく変わるからです。

  • 答えを
    持つ。

    問題において「だから何?」をぶつけて、自分なりの結論を見出します。事実において「それは何故?」をぶつけて、根拠を集めます。それをプロとしてお客さんにぶつけて初めて価値になるからです。

  • チャンスを
    見極める。

    常に全力疾走でいることは、しかるべきタイミングで逆に力を出すことができません。問題点にばかり焦点を合わせず、チャンスにも目を配れる余裕を持ちます。

  • ユーモアを
    持つ。

    楽な仕事はありません。私たちは大変な仕事をいかに楽しくやれるかが大事だと考えます。夢中になれるか、楽しくやれるかは自分次第。ユーモアを持って、楽しく働くことが大切です。

  • 優しい
    技術者になる。

    どんなに高い技術者であっても、低いホスピタリティの技術者は必ず遠ざけられます。「思いやりがあり、わかりやすくて、優しい」技術者が私たちが考える優れた技術者であると考えます。

Award / Media

受賞歴

  • AWWWARDS/Site of the day x 1
  • AWWWARDS/honorable mentions x 7
  • CSS DESIGN AWARD/WOTDS x 2
  • CSS DESIGN AWARD/Special Kudos x 10
  • DesignAwards.Asia/DOTD

寄稿・出演歴

Web制作専門誌Web Designing寄稿および参考事例掲載10回以上、
NHK高校講座出演、Schooウェブキャンパス出演など多岐に渡る。

Media News List
01
08
NEXT
スマートフォンでは縦表示で閲覧をお願いいたします